箪笥の肥やしは勿体ない

箪笥の肥やしは勿体ない

成人式の思い出の振袖、結婚準備に作って貰った訪問着など、着物にはそのときの思い入れがたくさんあることでしょう。
しかし、そういった思い入れがあるにも関わらず、着る機会を考えるとほんの数回、もしかすると1回きりということもありますね。
「いつか着るだろから」そう思って、箪笥の肥やしになっている着物って世の中にたくさんあると思われます。
今の住宅事情からいって、そう広くもない住宅に住んでいる場合は、着物の収納に場所を取られているという人もいるでしょう。
とはいえ、着物を捨てるわけにもいかないし…という声をよく聞きます。
親戚の子が貰ってくれればいいけど、どうも趣味が違うらしく貰ってくれなかった…というような話も聞きます。

 

確かに、着物といってもそれぞれ趣味も違えば貰ったからといって、着ることはないでしょう。

 

では、どうしたらいいのか?
このような人のためにも、着物買取はあるような気がします。
それは、着物を通して人と人を繋ぐ架け橋になるからなのです。
あなたの知らない場所で生きている誰かが、あなたの売却した着物を好んで手に取り、買い取るのです。
それが、今密かにブームになりつつある着物買取なのです。
着物の話だけではなく、着物関係の小物や、ちょっとしたアクセサリーも買取できるところもあります。
箪笥の肥やしになるより、本当に必要な人の手元に届くように・・・と思います。